FC2ブログ

[ ギャル好きの原点と時代の流れ ]

今日はちょっと固い話行きますよ。
長文&固い話がウザいという方は他のページへ(笑)

先日、他社さんですが私がとても好きだった出版社の
東京三世社さんが任意整理に入るというニュースが入ってきました。
東京三世社、9月末に任意整理
以下コピペ
同社は9月末に営業を停止し、会社を存続させながら残務処理に移る。
平成17年8月期には売上高45億円とピークをむかえていたが、
ネット情報の進化や小口シール止めの実施、
書店返品率の増加などで同18年8月期から4年連続で赤字となっていた。
同22年8月期には売上高30億円の見通しという。
同社では、書店のショタレ本を発生させないよう、
取次各社との口座を生かしたまま、
およそ2年間にわたって返品処理など清算業務を行う。
書店には市中在庫の継続販売を呼びかけている。
山岡真一郎会長は
「業界関係者に迷惑をかけられない。断腸の思いです」と語っている。
時代の流れを感じます。
ネットが主流になりつつある現代において、
今最もその煽りを受けているのが出版業界。
どんな情報でも、タレントのグラビアでも、ジャーナリストの論説でも何でも
全てネットで見れてしまう現状は出版業界にとってもはや絶望的な状況。
出版業界だけでなく、それを売る書店も減る一方。
更にはネットという怪物は次に音楽業界をも食い潰そうとしています。
それを証拠に街から個人経営の書店とCDショップはほとんど姿を消している。
文章も音楽も全てはデータ化されネットで全てが解決出来てしまう。
便利は便利ですが、味気ないなと思うのは私だけじゃない筈。
本もCDもネットもそれぞれの特性を生かした成長を遂げて、
共存出来るのが一番の理想ですが、ネットの暴走はまだまだ止まらないでしょう。

ちょっと話が大きくなり過ぎましたが、今日は東京三世社さんとギャルのお話です。
私が思う三世社さんのイメージはやはりコレです↓↓↓
東京三世社代表作_チョベリグ&千人斬り他社さんの作品ですし、引退された女優さんもいるので小さい画像で


チョベリグと千人斬りです!!
もう本当に私の大好きな愛読書でしたね(笑)
私のギャル好きのルーツは全てチョベリグと千人斬りにあると言っていいほどです!
最初はギャルギャルしたエロ本だったのですが、
初期から中期に差し掛かる時にDVDムックになってそれから大ハマり!
毎月欠かさず買って色んなギャルを見まくっていました。
私の世代(今、三十路ぐらい)は丁度高校生の時にコギャルブームが
来ていた時で、真正の黒ギャルがゴロゴロいた時なんですよ!
私も高1の時に3年のエロケバいギャルの先輩にどれだけ興奮したことか(笑)
そんな高校の時の先輩ギャル達も私のギャル好きのルーツの一つですが、
そんな当時の黒ギャルのリアルなエロさを最も表現してくれていたのが
東京三世社さんのチョベリグと千人斬りでした。
初めはどんな男だって清楚でアイドルっぽい女の子が好きなものですが、
ギャルの持つキャラだったり、愛嬌、ノリ、エロさの魅力に
どんどん惹き込まれギャル好きになっていきました。
そういうギャルの素やノリ、エロさがチョベリグと千人斬りにはあった!
最近のDVDにはない生々しいリアルなエロがあったんですよね。
ぶっちゃけ画質は悪いし、ハメ撮りメインだからカメラは揺れるしで
映像レベルとしては低いのですが、エロさは他の群を抜いていた。
それとチョベリグと千人斬りの良さは低価格で
たくさんのギャルのHが見れるということ。
その時の刊や号にもよるけど最低でも5人、多くて20人ぐらいの
ギャルが見れたので、どんな人でも必ず好みの子が1人ぐらいはいる。
抜きどころは山ほどあるんですよ!
実際、三世社さんの作品をパクるメーカーは山ほどあったし。

ここで言いたいのは最近のギャル作品にはそんなギャルの魅力が
表現出来ている作品がほとんどないということ。ギャルソンも含めて。
どのメーカーもギャル女優さん、もしくはギャルっぽく作り込んだ女優さんが
出ているだけで、作りは他の単体女優さんの作品と全く一緒、
ギャルのノリやエロさを出せているメーカーはほぼ皆無。
ただ女優さんを綺麗に見せることに固執し過ぎたり、
企画に走り過ぎで出演女優さんがギャルである必然性が全く感じられない。
なので最近、ギャル系のDVDほとんど買ってないです。
見たいと思うのは弊社の天才フジタ氏の黒ギャルシリーズやマンバギャルシリーズ、
他社さんでは、虎堂さんやデジアーさんぐらい。
なので最近はギャル物はあまり買ってなくてフェチ物ばかり買ってます(笑)

やっぱチョベリグと千人斬りは個人的に神でしたよ!
真正のギャル好きの方々は皆、チョベリグも千人斬りも大好きな筈!
私も監督になることが出来たらチョベリグテイストを盛り込んだ
ギャル作品を作りたいですね!特に設定やドラマも要らない、
ただひたすらにギャルのノリとエロさと面白さにリアルに迫る作品。
ただそれだけでいいんですよ。下手な味付けは要らない。
ギャルのキャラとエロさを出すにはそれが一番だと思っています。
ただウチは企画がメインのメーカーですので、
私のこういう作品志向が通る可能性は極めて低い。
とにかく今はそれどころじゃないのでAD業に邁進するのみなのですが(笑)
ギャル作品に対する考え方は今後も絶対に変わることはないので、
今のこの気持ちを忘れずに仕事を頑張っていきたいです!


さてさてこんな超ダルい長文に付き合って下さった方には
オフショットコーナーのオマケ付きです!
本日の記事にも縁のあるルックスをしたこの方
cocona_オフ
COCONAさんです!
本当に真のギャルですよね、COCONAさんは!
天才フジタ氏をして
「今の渋谷で3本の指に入る、古き良きオールドスクールのギャル」
何と素晴らしいコメントでしょうか!!(笑)まさしくそう思います!
古き良きチョベリグ世代にいたホンモノのギャルそのものなんですよね!
この画像もカメラ目線じゃないのが残念ですが、
ギャルの眼力には凄いものがありますよね!一発でヤラレる。
今の現役の女優さんでマジでギャルって言えるのは、
COCONAさんと尾上ライナさんぐらいですね。
こういうマジもんのギャル女優さんがもっと増えて欲しいものです。
そんなマジギャルの気だるい感じやノリがもっと見たいですね!

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lesavdirectorbyakko.blog.fc2.com/tb.php/65-75cd6a12