FC2ブログ

[ 友田彩也香vs羽月希 OLレズバトル オープニングイメージ先行公開! ]

「友田彩也香vs羽月希 OLレズバトル オープニングイメージ」
メーカー:V&R PRODUCE

出演:友田彩也香 羽月希
監督:白虎
発売日:2015/03/13
品番:VRTM-059




たまには書きましょう日々徒然。
久々の投稿になりました。
最近では完全にツイッター派になってしまいましたね。
書いた文章は流れてしまうものの、
やはり多くの方にメッセージを届けられる、伝わる、反応があるという点で、
ブログを大きくリードしているのが理由です。
ですが、伝わり過ぎ、便利過ぎ、努力をしなくなる、中毒になるという点では
正直どうなのかなとも思ったり。何度か辞めた方がいいのかもとも思いました。
そんな深く考えることでもありませんね、本業は撮影と編集ですから。


はてさて、久々のブログで書くこと有り過ぎで逆に諦めがつくので、
思い付いたことから書ききれるところまで書きましょうか。

まず毎年年末に書いていた年間レズAVベストですが今回は書きません。
何故なら書くに値する作品がリリースされなかったから。
俺の作品も含めて2014年はレズジャンルの停滞期だった気がする。
もはや「レズNG」という言葉は死語となり、どんな可愛い子でもレズ出演が当たり前の業界。作品内容もどんな監督が撮ってもそれなりの作品が仕上がるぐらいレズはメジャーなジャンルになった。
その中で特別になるにはそれ相応の個性と技術と努力が必要だ。
それに加えて業界自体の停滞と不景気。
これからはどんどん制作費を掛けられなくなっていき、
一本入魂がより難しくなっていくだろう。
自分が作る内容に関しては自信がある。それはいいんだ。
だけどそれらを取り巻く業界全体の環境が変わろうとしている。
去年も書いたけど、一本入魂で作品を作れる期間なんてあと僅かなのだ。
業界の新しいメディア展開なり、配信展開なりが定着するにはまだまだ数年掛かるだろう。
無くなることはない。だが一時、弱いものが完全に淘汰されると思う。
正直それに自分が、自分を取り巻く環境が生き残れる保証はない。
勿論最善は尽くすけど。
生き残る為に魂を売って周りと同じ方法で必死に生き残り合戦で血まみれになるのか?
それとも全く新しい周りと違う方法で血を流さない青い海を目指すのか?
「周りはこれが売れてるからウチもこれで!」「特典付けると売れるから全部特典付ける!」
「この子売れてるからこの子撮る!」「このパケの構図はヒットしてるからウチも真似しよう!」
一時はこれでも生き延びることが出来るだろう。
でもこれって何の解決にもならないんだよね。
自分のメーカーの個性とストロングポイントを理解して、
ブレない姿勢を保つことが生き延びる術だと信じている。
それで沈没するなら諦めも付くじゃない?
DogmaもHMJMも制作志向絶対ブレないし、パンツとかやらないでしょ?他とは違うよね。
特典とか真似とか、くだらないことよりも新しいスタンダードを今なお作ろうと常に前を見てる。
制作者は皆見習わなくてはいけないと思う。

こんなことを書くぐらい業界は弱っていて且つ変わろうとしている。
ブレない制作姿勢を持つメーカーと資金力のあるメーカーだけが生き残る。
俺に出来ることは一つしかない。
自分の一番の武器であるレズジャンルをより強固なものにして戦い続けるのみ!
色々書きましたが、今年業界は激動の年になると思いますよ。


固いお話はこれぐらいにして、、、
去年は自分的に飛躍することが出来た年だった気がする。
一昨年なんかはレズが撮れないレズが撮れないと嘆いていましたが、
去年はレズを撮る本数の方が多かったですし、
無理難題な撮影もなく自分が思うレズを撮り続けることが出来た年でした。
年明けに発売された、白虎としてのU&K処女作を皮切りに、
U&K第二弾での豪華キャストでの撮影、
ずっと一緒にいようねシリーズの始動、
甦りレズビアンや成海うるみさんのレズ解禁作など、
大作から解禁、ドラマに注力した撮影まで、
自分がずっと思い描いてきたレズAV監督像を体現出来た年でした。
様々な撮影を経験出来た本当に有り難い一年でした。

撮影技術的にもまだまだ拙いなりに自分の撮影法が定着してきて、
勝負出来る部分とまだまだ足りない部分がハッキリしました。
今年はそれらをより強くするのと、克服することで
より良い作品を世に出して行きたいと思っています!

何だかんだで月並みなことしか書けませんが本日はこの辺にしておこうと思います。
本当はスチールのこととか、今年の期待する女優さんのこととか、
書きたい事はたくさんあるんですが、そろそろ寝て明日の編集に備えなければなりません。
今年もレズAVに熱く向き合う一年にしたいと思います!
皆様今年も宜しくお願い致します!

コメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

う~ん、たとえば10年前のレズAVが今のレズAVよりも完成度が高かったとは思えないですね。当時はそれなりに興奮して観ましたが、今見返すと女優のクオリティも含めて貧乏くさく感じます。

むしろ去年は、白虎監督の作品も含めて、かつては1年に1本出ればめっけものというハイレベルの作品がふつーにバンバン出ていたと思いますよ。ただ、それだけにもう進化のしようがなくなってしまったというか、レズAVの表現として行き着くところまで行ってしまった感があり、それがかえってマンネリに感じられてしまうのではないでしょうか? 贅沢な悩みですが……。

もっとも、だからといって男や女装子を絡ませたり(それはそれで陳腐きわまりないですが……)奇を衒っても仕方がないですし。レズ物にかぎらず、AVはお約束で成り立つ「様式美」の世界だけに、そのなかでも一際輝く真の個性が要求されるのではないでしょうか。

DOGMAに関しては、disるわけじゃないですけど、忸怩たる思いをしています。レズと同様に、SMもマイナーなサブジャンルですが、DOGMAはSMナイトなどの派手なイベントを打つことでSMレーベルとしての確固たる地位を築いています。

そこをいくと、レズはあまりにもアピールが弱いですね。日陰者の居場所に甘んじているのではないでしょうか? みづなさんとかありさよさんとか、レズでも素晴らしい演技をしている女優さんたちがSMのイメージでしか語られないのはくやしいです。

長々とすみません。私も色々思うところがありますので。白虎監督の作品からは、メタルの歴史でいえばメタリカのようにジャンル全体を底上げするエネルギーとポテンシャルを感じますので、今年の作品も期待しております! 今年は私も動く予定です。

>>オッシーさん
コメントありがとうございます!
仰る通りレズAVは今完全に飽和状態なんだと思います。
演者のルックスレベルもプレイも中身の質も天井知らずで昇り続け
もうあとは個人個人の好みの違いだけになったのかなと思います。
そこで新しいことに挑戦しているのが、
レズにこれまで以上のドキュメント性を突き詰める真咲監督で、
自らの最大の武器を磨き続けているのがシルヴィア監督と井坂監督なんだと思います。
僕は僕で新しくはありませんが、プレイを疎かにしない方向性で
レズ好き感や百合感とレズAVの融合を目指しています。

ですが、もはやメジャージャンルになったレズはどんな監督が撮ったとしても、
キャストさえ間違わなければ僕等のようなレズ専監督を余裕で超える作品が出来上がるようになりました。
このマンネリ感、飽和感を壊す新しい何かがレズジャンルには求められているのでしょう。
僕は不器用で武骨な作品しか撮れないので、
ただひたすらに自分が想う理想のレズAV像を追及するのみです。

DogmaさんやHMJMさん、ナチュさん等、撮る内容は皆違えど、
作品に込められたパワーにはいつも驚かされるばかりです。
現在僕が制作部を仕切っているV&Rはまだまだ確固たる制作志向も持てていませんし、
ブレない強い気持ちがまだまだ足りません。
強力なメーカーになるには自分一人の力ではどうにもならないのです。
僕もDogmaさんを始めとした確固たる信念を持つメーカーの仲間入りを目指してV&Rを引っ張っていけたらと思っています!

メタリカの名前を比較に出して頂き非常に恐縮です。
なりたいですねぇ、レズジャンルのメタリカに(笑)
いつも応援ありがとうございます!
今後とも宜しくお願い致します!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>コメントを下さった方へ
初めまして、コメントありがとうございます。
違法アップロードには業界一同手を焼いており、
ただでさえ瀕死の状態の業界の行く末を左右しかねません。
作品ご購入頂き貢献頂いているお客様からすれば、
憤慨されても仕方ありません。本当に申し訳ありません。
対処は常に行っているのですが、間にサーバー管理者を挟む為、
中々削除執行が追い付かないのが現状です。
ですが確かに仰る通り、今のままではメーカーとご購入して下さる正規ユーザー様だけが
資金を投じて痛みを被り、違法業者と違法ユーザーに貢いでいる様なものですね。
何とかしなくてはいけません。
これらの問題の解決も進めないと業界の未来はないと思います。
ご報告と警告ありがとうございます!

いつも素晴らしいレズ作品ありがとうございます。
ラブ系も良いですが個人的に一番好きなのは貪り系のレズ舐めキス系バトルの対等型レズです。
凄く楽しみにしております!
  • [2015/01/09/22:00]
  • URL |
  • ベロ吉
  • [ 編集 ]

>>ベロ吉さん
コメントありがとうございます!
この作品はかなり激しいレズバトル作品になりました。
バトル系の激しいキスや舐め行為などが満載です!
気に入って頂けることを祈っております!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lesavdirectorbyakko.blog.fc2.com/tb.php/293-e85f9864