FC2ブログ

[ スポンサーサイト ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ 奇跡~必然 ]

最近、
深夜の1時を過ぎてからの時間経過が以上に早く感じるのと、
駅で進行方向表示を無視する馬鹿は何故か強気?なことに
謎を感じる白虎です。
(後者に関しては異常なんじゃないかと思いますw ホームでの割り込みに関してもw)

本日深夜、今までの自分監督作品の全てのサンプル動画を見直す。
全ての作品の思い出、女優さんの表情、スタッフさんの笑顔を思い出す。
感慨深い。
私は1作品たりとて手を抜いたりは絶対にしない。
全てが完璧に脳裏に焼き付いている。
全てのキャストさん、スタッフさんに感謝しています。

あと思ったのはAV監督って生き物は自分でカメラ回すべきってこと。
これは私自身が日々常々思っていること。
色んな状況とかあるとは思う。
勿論モニター前に座ってしか出来ない演出もある。
だけど、もはや立ってるフィールドが違うよね。
俺たちは映画監督でも何でもない。
AVにプロっぽい映像なんか要らない。
ユーザー様が求めるのはヌける映像。
そのヌける映像を求めて自分の妄想、性癖をぶつけてカメラを回すのがAV監督っしょ?
カメラも回さないでモニター前に座ってる人とはフィールドが違う。
同じ立ち位置で映像のクオリティーとか語らないで欲しいね。
作品の評価を決めるのはユーザー様なんで!
絶対に負けられねえ!!


そして思ったのは自分が本当に恵まれていたということ。
GARCONとV&Rというメーカーで監督人生を送れたこと。
私が教えを受けて来た方々はそういうAV撮影においての
監督のあるべき姿を身を持って私に教えてくださいました。
私の永遠の師匠である、
望月英吾監督、ヴィンセント・ギャル監督、天才フジタ監督、
安達かおる監督、
この方たちに全てを教わった。
撮影技術から、現場での立ち振る舞い、こだわり、男気まで何もかも全て。
本当にありがとうございます!

この道を歩んできて本当に良かった。
私の今の状態というのは本当に奇跡だと思っています。
何の取り柄もないグズグズな私がここまで監督として来れたのも。


今までの作品のサンプルを見ていて思ったこと。
それは、
今までに何度も言って来ましたが
デビュー作の「友田彩也香×桐原あずさ」を
超える作品が未だに作れていない。。。
自分でも分からない。
あの初々しさ、映像の綺麗さ、生々しさ、ラブラブ感……
何もかもあの作品に届かない。
映像技術、カメラワーク、台本構成力、
全てにおいてあの頃より上回っているのは確実なのに。
越えられない。

負けられない。
過去の自分に。
何としてでも勝つ!
そこからが私の第二章だ!!






まだ確定事項ではありませんが奇跡な出来事が起きました。
私はこの機会をどんな状況になってでも受け入れることを覚悟しています。
年内には、
「白虎が撮るレズが好き」という方には嬉しい報告が出来るかもしれません。
人生を、それに全て掛ける!
駄目なら潔く業界辞めます。
最高のレズメーカーで最強のレズAV監督になってやる!!!
誰にも負けん!

コメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>コメントを下さった方へ
いつもコメントありがとうございます!
温かいコメントにいつも励まされております。

私の最近の流れとしてこのようなブログを書かせて頂きました。
まだきっかけを頂けただけでまだまだ話は本格化しておりません。
私の今の現状もあって様々な障壁が付きまといます。
ですが、私の覚悟次第で必ずや私が追い求める環境を手に入れられる状況になりそうです。
ただただ頑張るのみです!

ご提案頂いた企画の件。
私も凄く興味のある内容です。
ただ女優さんで本当に真正のレズの方はほぼ皆無です。
そして真正レズの方の本物のレズというのは実は映像的につまらないものになる可能性が高いのです。
場合によっては2時間以上抱き合ってキスするだけかもしれません。
リアルの女性同士のセックスは男が抜く為の映像にはなりにくいというのは、
私が今まで真正レズの方に話を聞いてきた限り確実です。
本当に難しいものです。
リアルを追い求めると究極のエロからは離れていく。
私も色々な可能性からレズを見つめ直し、AVとしてのレズ、
本物のビアンがするレズ、
そして何よりもオンナ同士が求め合う映像を、、、
ひたすら追い求めてレズ撮影に対峙していきたいと思います。
正直何が正解かも分かりません。
自分が理想と思うレズをただひたすら追い求めていくのみです!
これからも応援宜しくお願い致します!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>コメントを下さった方へ
そういう企画良いですねぇ。
名作「制服レズビアン」の西野翔さんと南つかささんも
プライベートでは仲良しでしたし、その仲の良さが作品内の
絡みの濃厚さに表れていましたよね。
仕込みではないそういったプライベートを追う的なレズ撮影も良いですね!
私としてはその場合キャストさんが真正レズじゃない方が逆に興奮しますね。
性別やセクシャリティーよりもただお互いが人として好きだからHしちゃうっていう。
女性はその垣根が男より数倍低い気がしてそこにレズの様々な可能性を感じます。
可愛いものは何でも好きー的な、オンナの子同士って怖いけど興味あるし、可愛いし、Hしちゃおっかなー的な。
それがレズの魅力なんじゃないかなと思う私です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lesavdirectorbyakko.blog.fc2.com/tb.php/250-5102f44c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。