FC2ブログ

[ スポンサーサイト ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ 色々大変でした… ]

いやー更新空きました~、すみません。
一月の大波のような忙しさを乗り切ったあとにドッと押し寄せた
疲れや精神的な脆さが出たのかインフルエンザに掛かり1週間寝込む羽目に。。
おかげでサンプル動画の納期逃すわ、撮るはずだった男女物の撮影を
外注さんにお願いすることになったりと自分的に凹んだココ1、2週間でした。
まあでもなってしまったものは致し方ない。
私も頑張った末の傷の勲章だと言い聞かせ納得するようにしております。
その分2月3月と巻き返せるよう頑張ります!

さてレズ夜這いの編集も無事終えまして結構良いものに仕上がり満足です。
今回はやはり夜這い物であることとキャストが初レズの子2人ということで、
プレイではそれほど魅せることが出来ないのは承知の上での撮影でしたので、
夜這いに至るまでの過程、ドラマに充分に凝りました。
夜這い自体もいつまでも寝てる嘘臭さより、早目に起きて同意型になるレズ、
そしてその後日談設定の素絡みを入れて普通にも十分楽しめる構成にしました。
夜這い物といっても無反応のコソコソをひたすら見たいっていう人は
ほとんどいないと思うのでその辺をしっかり踏まえた上での演出を心掛けました。
結果良いものが出来たんじゃないかと。御期待下さい!発売は4月です。


最近のレズAV感想談ですが、やはりU&Kさんが凄いな~と。
年明けからの作品だと断トツ素晴らしいのが、
変態どスケベレズビアン2 大堀香奈 東尾真子
ギャルと先生 瀬名あゆむ 波多野結衣
の2作品。
変態どスケベの方はベテラン2名の温度の高さが素晴らしく、
ベロ出しが卑猥な大堀さんに導かれる様に東尾さんもどんどん乱れていく様が凄く良かった!
大堀さんは残念ながら引退されてしまいましたが、東尾さんの今後にも期待が積もります。
東尾さんは以前から撮りたいと思っている女優さんの一人で、
これだけ完成されている方なら尚更レズの才を開花させてあげたいなと思う次第です。

そしてギャルと先生はもはや今年のベスト3入りは確定なんじゃないかというほどの
素晴らしい作品。冒頭の瀬名さんと波多野さんのシンプルだがとても熱の入った
気合いこもった思い切りのいいベロちゅう&顔舐め&貪るような熱いまぐわいは
まさに私が撮りたいレズの理想形とも言えるレズ絡みで素晴らしいの一言に尽きます。
最近の自分評では変態は生徒会長で名演した有村さんが若手ではトップと思っていましたが、
瀬名さんがそれをあっさり越えていきました。
彼女、変態的であり且つ、熱度、激しさ、女の子好きオーラ、テクニック、ベロ出し、
リード感、スピード感、緩急、空気感・・・・・・もう書ききれないほどとにかく完璧。
もともとエロオーラ全開の子ですし、メチャクチャ性格の良い子。
私もギャルソン時代にADで一度お会いしてるんですが凄く良い方なんです。
他所で聞く限りも現場受けは最高で、撮影が遅くなっても文句ひとつ言わず、
むしろ遅くまで撮って頂いてありがとうございますというスタンスの彼女。
もう制作からしたら涙の出るような一言なわけです。
そんな人柄も最高な彼女。私の中で今や最強のレズ女優ですね、本当に素晴らしい。
そしてその相手を務めた波多野結衣さん素晴らしいレズをする方ですね。
このギャルと先生での名演は瀬名さんも凄いわけですが、それを受けきった波多野さんの
力も凄く大きいと思うんです。レズは片方が凄いだけでは良い作品にならない難しいジャンル。
今やレズ出演も一気に急増中の波多野さんですが、このままドンドン成長して、
レズジャンルを支えて欲しいものです。

いやはや瀬名あゆむさんでレズ撮りたいですね~。凄いの撮れるはず。
他にも長澤あずささん、真木今日子さんも撮りたいお二人。
長澤さんと真木さんは男女物でお会いしてますが、プロ意識、熱さ、テクニック、
人柄の良さの全て兼ね備えた素晴らしい女優さん。
あと最近引退されてしまった早乙女ルイさんも本当撮りたかったんですよね。
前に何度かオファーも出したことはあって、タイミング合わずで撮れなかった経緯が
あったんですが本当に惜しかった。。あんなに素晴らしいレズ女優さんはそうそういないのに。
しかも早乙女さんほど名レズ女優なのに作品に恵まれなかった方はいないよな~って思います。
あと引退された方だと愛原さえさんも撮りたかった~。
彼女のレズ好きオーラも素晴らしかったですね。Wキャストとレズバトルは名作でした。
ここに挙げた方々は何と言ってもレズ(エロ全般)に対する熱さが凄まじいのが良いですよね。
どんなに可愛くても、どんなにレズを綺麗に魅せられる技術があっても、
どんなに人気があっても、どんなにスタイルが良くても、、
レズ好きオーラとレズセックスの激しさを出せなければ全く以てエロいレズは撮れません。
お仕事レズで評価されてる女優さんは数多くいますが、それでは名作は生まれません。
仕事だからレズやります。AV女優としてレズやります。では全く駄目。
それよりも人気がなくてもレズ適性の高い子、女の子が本当に好きな子、
何よりレズに積極的な子をこれからはキャスティングしていければな~と。
おのずと名作は生まれると思うんです。
神のキャスティングさえ出来ればそれは冒頭のキスだけで名作になるんです。
お仕事宜しくなつまらないレズはもう撮りたくない。
オンナ同士が本気で愛し合うレズを、本気でカメラで追っかけていきたい!
それが私の今後の目標です。

今月もレズ撮りたいな!今週末は企画会議です。
今イイ奴温っためてるんで意地でも通します!!

コメント:

お疲れ様です。
仲良しチビマン三姉妹を見ましたが、
個人的にはリスペクト元であるLADY×LADYの作品よりも満足できる内容でした。
カメラワークや構成も作品を追うごとに洗練されてます。
以前のブログで今年はレズ作品のペースが落ちると書かれてましたが、
是非ともコンスタントに撮り続けて頂きたいものです。

瀬名あゆむさん、是非起用して撮って頂きたいです。
早乙女ルイさんもそうでしたが、最初から攻めのスキルがある女優さんは
すぐ攻め役ばかりが多くなって、受ける場面が少ない事に不満を抱いています。
どちらも容姿も感度も高く、もっと受ける場面の多い作品が見たいのですが
中々その願いが叶わず、残念な思いが募っています。
瀬名さんが攻めるだけではなく、しっかり受ける作品を是非撮ってください。
いちレズファンの心からの願いです。
同じ事は真木さんにも言えますね。
長澤さんは容姿や雰囲気が非常に好きな女優さんなので、
こちらも是非撮って頂きたいところです。
お願いばかりになりましたが、白虎監督のレズ作品に今後も期待しています。
  • [2013/02/13/20:01]
  • URL |
  • みやけ
  • [ 編集 ]

>>みやけさん
コメントありがとうございます!
「仲良しチビマン三姉妹」見て頂けましたようで、ありがとうございます。
私としましても完全に納得いく形でリリース出来た作品ではなかったので、
みやけさんにそう言って頂けるとホッとします。
まずこの作品に関しましては、キャスティングが自分の思い通りに全くならなかったこと、
企画性が強過ぎて内容制限が大きかったこと、
更にこればかりは仕方のないことですが、キャスト同士の相性の問題、
それを私が上手く演出することが出来なかったことなど、
フラストレーションが溜まることが多くあった中での作品でした。
正直リスペクト元である朝倉家はメチャクチャ意識しましたね(笑)
負けないようにと意地とプライドを掛けました。
この企画ですとプレイが出来過ぎると企画的におかしいという社内の意見、
オールレズじゃなくて男とのカラミも入れたら?という営業サイドの声など、
本当に障壁は多く私自身作品作りに集中出来るような状態でもなかったのですが、
前のブログにも書いた通り、早乙女さんの力のおかげで何とか乗り切ることの出来た撮影でした。
企画性も大事ですが、中身が抜けるものじゃないと意味がないという自分の意見を断固通しました。
可愛いロリの子がただじゃれ合っているだけでは絶対に良い作品にはならない。
朝倉家はやはりそういう意見に押しつぶされてああいう構成になったんだと今でも思います。
姫乃監督が本気で取り組んだレズであれば絶対にああはならないはずです。
私のこの作品は一番最初のパートである早乙女×松下に全てが集約されてます。
パートごとの時間配分を見て頂ければ一目瞭然だとは思いますが(笑)
ただ様々なものと戦いながらいつもと違う労力を要した作品で少しでも満足頂けたのであれば
私にとって凄く嬉しいことであり自信にもなります!
本当にありがとうございます!

他にもお褒めに預かり嬉しいです。
レズ作品はカメラワークがキャスティングの次に大事なポイントだと思います。
構成も勿論大事ですが、構成を最大限生かすも殺すもカメラワーク次第なので、
今後もそこはより一層気を使っていきたいと思っています!


瀬名さんは本当に素晴らしいです!
ウチのメーカーは何よりも企画性が重視されるメーカーですので、
どうしても企画ありきで次にキャスティングそして次にジャンルとなるので、
中々自分の思い描く状況で瀬名さんを起用するというのは難しいことなのですが、
やはり今の一番脂の乗り切ってまだ食傷が始まってない状態の瀬名さんを撮りたいですね!
今の状態は長くは続きません。変態は生徒会長やギャルと先生のような作品が出れば出るほど
ユーザー間での食傷が進みますので。
これほどの逸材はそうそう出ませんので。
早乙女ルイさんも素晴らしい女優さんでしたね。
ですが何故か早乙女ルイさんと言えば!というレズ作品は正直あまりないのです。
彼女こそ今のU&Kや一時期の良かった頃のDEEPSが撮っていればと思いますね。
本当に悔やまれるばかりです。

>>最初から攻めのスキルがある女優さんは すぐ攻め役ばかりが多くなって、受ける場面が少ない事に不満
これは確かにそうですね。私もタチネコがあまりにもはっきり分かれ過ぎている作品はあまり好みません。
企画性といえばそれまでですが、タチとネコがハッキリ別れた作品にレズの名作はない!これだけは断言出来ます。
そして複数物にもそれは言えます。
やはり名作たり得る作品は2人での相互物だと自分は思います。
熱く激しく愛し合えばお互いが責め合いイカセ合うのが自然です。
お互いにイカセ合うことでボルテージはドンドン上がり、
仕事もその状況も忘れレズに、そしてその目の前の相手に没頭出来ると思うんです。
レズはそうあるべきです。

瀬名さんをキャスティングの件出来る限り努力してみます!
真木さん、長澤さんもスキルだけでいったら瀬名さんをも凌駕するほどの女優さんです。
あとはレズの名監督にさえ撮られれば一気に開花するんじゃないかと思います。
あの2人はいつも本気ですし、レズ適性は間違いなくあり、
熱さ激しさエロさ全てを兼ね備えています。
そして何より人柄です。あの2人は完璧なんです、それも含めて。

本文にも書きましたがレズには女の子好きオーラが一番求められます。
ただそれをお仕事的に演出出来る女優さんはたくさんいます。
それは映像を見ただけでは分からない。
現場を見ている私からするとやはり残念に思うことも多々ありますし、
やはりそれでは本当に良いもの、名作は撮れないと思います。
ただ、今上記に挙げた瀬名あゆむさん、真木今日子さん、長澤あずささん、
他にも私が撮ったことがある女優さんで言いますと、
桐原あずささん、水沢真樹さん、後藤リサさん、赤西涼さん、水嶋あずみさん、早乙女らぶさん、
この方たちは決してお仕事ではなく女の子を本気で愛せる方々でした。
撮影を楽しんでやってくれますし、そのオーラがガンガン伝わってくるんです。
どんなに上手く見せられる力を持っている女優さんでもこれがあるないでは全く違います。
この話を裏付ける私の中の逸話があるんですが、
レズエステでの水沢さん、後藤さん、レズオフィスでの桐原さん、水沢さん、
あれだけ激しくカラミあって汗と唾液と愛液まみれになって
撮影後はホントぐっしょぐしょになるんです。
ですがどうでしょう彼女たちシャワーも浴びずに帰るんです。
別に早く帰りたいからというわけでもなく、終わった後も絡んだ相手と控室でずっと仲良くお話してる。
私が「シャワー大丈夫ですか?」
と聞くとこの3人からは全く同じ言葉が返ってきます。
「シャワーで洗い流すのが嫌なんです。さっきまでの熱いセックスの余韻に浸りたいんです。○○さん(絡んだ相手の名前)の体液も全て受け入れたいから」
と言って敢えてシャワーを浴びないんです。
どうでしょう?これが本当のレズ愛じゃないですか?
相手の全てを受け入れる。
私はそれをこの3人から聞いた時、こういうことを映像に投影させなくちゃいけないと思いましたね。
こういう方たちは基本女優業を「お仕事」とは思っていません、勿論良い意味で。
本気で自分を解放して「人」を愛せる場だと思ってくれているんだなと思うんです。

かなり長くなってしまいましたが、撮影者側にいる私はレズマニアであるが上に
見たくもない、聞きたくもないことも受け入れて撮影に向かわなければなりません。
そんな中で良い作品を作るというのは容易なことではありません。
ただ、先程挙げた本気でレズに向かってくれる女優さんがいる限り、
私の夢は途絶えません。
ああいった本気でオンナに向き合ってくれるオンナで良いレズが撮りたいですね!
今後も見守っていてください!!
私も支えてくれる方がいる限り頑張り続けます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lesavdirectorbyakko.blog.fc2.com/tb.php/230-7c8f9237

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。