FC2ブログ

[ スポンサーサイト ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ 評価というもの 後世へ残っていくもの ]

評価とは何なんだろうか?
良い作品とは何だろうか?
俺は過去に音楽も志してきた。
自分がやった音楽が素晴らしかったとは一切思わない。
だけど周りにいたバンドで世界に通じるような素晴らしい音楽をやる奴はたくさん居た。
でも結局、公で評価されずに埋もれていった。
テレビで見る奴等なんかよりよっぽど良い音楽やってた。
結局は発見されるかされないか。
良いもの作ってても見て、聞いて、感じてもらえる機会がなければ全ては無に帰す。
もどかしい。
真似して、コピーして、売れ筋に全てを寄せて
だけを考えた制作の心を全く知らない商業的な作品が売れて、
本気で良いもの作っても日の目を見る機会がないだけで埋もれる名作達。

しかし間違っちゃいけないのはどんな立場のひと、会社も生活が掛かってる。
皆一生懸命なのは間違いない。
どんな環境だろうと皆頑張っている。
完璧なコピーだけは許さんけど。

でも真の名作が埋もれるということだけは正直シンドイ。
自分の作品がそうとは言わないけど、
もっともっと気持ちのこもった隠れた名作達が日の目を見ることを願っています。
AVに限らず、音楽でも何でも。
やっぱ良いものは良いんだよ。

買う側の人たちはもっともっと本質を見極めなきゃいけない局面に来てる。俺も含めて。
偽物を掴まされ続けて、本物が無くなるという負のサイクルはなくさないといけない。

俺の作品なんかでも、レズのレビューサイトやDMMで高い評価を頂けることがある。
逆にカメラが演出が~と何度も何度も潰すように酷評を頂くこともある。
ですが、正直今の状態で良いと言って頂ける方が居る限り、
今の自分の撮影法を変えるつもりは毛頭ありません。
カメラが寄りばっかりとか、動き過ぎとかよく言われますが、
自分でコレがベストと思って撮っている手法なのでどんな酷評をされようが
絶対に変えることはありません。
それよりも何よりも、俺の作品を良いと言って下さる方々により満足頂ける作品を追及していくことが、買って頂ける方々への恩返しだと思っております。


今後、俺は本物の良作を作り続けなくてはいけない。
ルーティンワークは絶対駄目。
一作一作に、一シーン一シーンに全てを掛ける。
これからはそういう時代になっていくんだと信じて。
本物だけを追い求める。
誰に何を言われようとも。
偽物は消え失せろ!

[ 何か無性に ]

レズエステが撮りたい気分…
レズエステにしか出せないあの淫靡さはやはり格別。
淡々としながら業務的にマッサージを進めつつも徐々に性感帯を突いていくエステティシャンと、感じちゃいけないと冷静を装いつつも濡れていってしまう客の密室での情事。
ギャルソンの時に撮ったレズエステは完全に抜きと迫力に重きを置いた作品。
もし今度レズエステを撮る機会があれば、より進化した物が撮れると確信している。抜きに特化したエロレズと実録風の淫靡さ密室感をミックスしたレズエステ。
真咲監督が今やってるレズエステが一番それに近い。
それを自分風に撮りたい。

レズバトルもまた挑戦したいジャンル。
やりたいことはまだまだ山のようにある。


来週からロケラッシュ。
ラッシュの一番最後が深海のレズになります。
台本はもう上がってて女優さんにも渡し済み。
あとは自分次第。
気合い入れなくては!!

[ 次回作へ向けて ]

V&R深海でのレズ撮影が9月の半ばへ延期。
男女作の撮影でバタバタしていた自分としてはホッと胸を撫で下ろす。
今、改めて台本執筆中。
次回『深海レズ』台本作成中
画像の写真で出演女優さんが分かる人には分かるかも。
勿論前回と同じく「飲尿」という重く難しいテーマが付き纏う。
台本もそれを自然な形で取り入れなくてはならなく、
通常のレズに至る過程以上にバックグラウンドや
細かいディティールを拘らなくてはならない。
難しい撮影になると思うが、やはりレズの撮影は男女物の数億倍楽しい(笑)
今回も前回に負けず劣らずの素晴らしいキャスティングになりました!
気合いが入ります!!


そういえば最近こんなyoutubeのチャンネルを見つけました。
channels4_banner.png
Japanese Girls' Love Channel
その名の通り日本のレズAVのエロに至る前の百合女子萌えシーンを
様々な名作から抽出して更に音楽等の味付けをしてアップしているチャンネルです。
これを作ってる方は本当にレズが好きなんだなぁと感心しつつたくさんの動画を見ました。
しかも嬉しいことに私の作品の「友田×みづな」も入っているではありませんか!
本当にありがとうございます!
そうそうたる作品群の中に混ぜて頂けて光栄でございます。
あ~、濃い~濃厚なレズも良いけどたまにはこういう百合女子萌え~な
可愛いレズ作品も撮りたいですね~。
今の私なら禁忌レズ愛を撮った時よりも構成力が上がっているはずなので、
挑戦してみたいですね。


さてさてさて、本日は一日掛けてレズ台本に取り組む!!
飲尿があろうがなんだろうがレズはレズ!
良いもの作れるように頑張ります!!!

[ 勝負 ]

日付変わって本日、一世一代の勝負。勝っても負けても悔いなし!
白虎スタイルのレズを曲げない折れないブレない。
どんな状態になろうと貫き続ける。

[ 王道は避けては通れぬ、王道を極めなければ新しいことも出来ぬ、王道をマンネリという奴の大抵は逃げ、ギミックなしで戦う自信がない奴の逃げでしかない ]

タイトルまんまです。
王道ってやっぱ最高かつ最強。
王道を馬鹿にする奴居るけど、
ただのひねくれか、逃げでしかない。
何故なら王道は王道と呼ばれているからに他ならない。
王道を高水準で作れない奴は何やっても結局中途半端に終わる。
新しいことやって売れたから何だ?
そんなものはただの一過性に過ぎない。
王道を知って、新しい道を志す
ではなかろうか。
AVに限らずなんでもね。音楽も絵画も創作も。
最初は模倣から始まる。
そこに如何に自分の個性【エッセンス】を入れられるか。
俺はこれからも王道にこだわっていきたい。
そこにどれだけ自分の画というものを表現出来るか。それが全て。





やっとアップされましたよ、私のレズ飲尿処女作のサンプル。
流通の関係でサンプルがアップされるのが異常に遅い。
参考までに鑑賞頂ければと思います。
そして作品を全て見て頂けた方、是非ご感想を聞かせて下さい。
来週末頃にはこの方向性での第2弾を撮影予定です。
作品をより良い方向へ向かわせる為にも皆さんの意見が必要です。
是非是非宜しくお願い致します!

[ 嵐の前の静けさ ]

このタイトル今まで何度このブログで使っただろうか?
いやタイトルにはしてないかな?
ホンット糞暑いすねー、白虎です。
今週は様々な意味で私のAV監督としてのターニングポイントになる1週間になりそうです。
様々な挑戦が待っている。
それは失敗に終わっても全ては良い経験となり、
私のAV監督としての血となり肉となる。
今月期は撮影が3本になるのでこれから息もつく暇もないぐらい忙しくなる予定。
まだ台本は全く手付かず。
一本はレズ撮影が決まっています。
勿論、深海からのレズ作品。
飲尿は必須になる。
しかしココは譲らず尿があろうが道具があろうが何だろうが
白虎レズを貫き通す!
日付変わって明日、深海からの白虎レズ作品の第一弾が発売になります。
興味のある方は是非!ちょっと高いすけど。。。
次の深海レズも本日ほぼキャスティングが決まり、
前回に負けないぐらいの良いキャスティングになりそうな予感。
あとは企画性に負けない私の個性とレズ愛を見せるのみ!
やったります!!


最近機材集めにハマっております。
SANDISK_SD32GB
今回はSANDISKのSDカード32GB×4を購入。
これだけ買っても12000円。
ホント安くなったもんですよねー、メディア。
昔なんて246MBのUSBメモリとかでも4、5000円したもんです。
ちなみにAV業界のカメラのメモリーメディアはほぼコレが使われています。
最大画質で撮っても173分撮れます。
この調子で少しづつでも機材を揃えていく予定。
次はコレですな
http://www.sony.jp/nxcam/products/HXR-NX5J/
今のAV業界で一番メインでよく使われているカメラがコレ。
ちなみに私は今の今まで監督デビューからずっとこのカメラを使い続けてきました。
ですので思い入れも凄く大きいのです。
そんな業務用カメラが自分の手の元になんて、考えただけで大興奮です。
まあ値段が値段なんでそんな簡単に手を出せませんけど。
いつかボーナスが出たら考えるかー…
レンズやら周辺機器とかケースとか買ってると何だかんだ50万超えるんすよねー。。。
でもこのカメラを手に入れるのは正直夢ですねー。
持論を展開するならば、AV監督は機材オタクでなくてはならん!!


最近ハマって見ているツイッター
https://twitter.com/kazuhikomatsu
伝説のザーメンビデオ監督の松本和彦監督。
私がまだレズと出会う前、ザーメン物をこよなく愛していた頃、
大好きだった監督が松本監督。
松本監督は唯一無二のザーメンビデオの画を持っていた数少ない監督の1人。
セオリーから外れても、画がショボくなろうとも、そこには常に
松本和彦の画が貫かれていた。
本当に大好きなAV監督の1人です。
業界を離れたり戻ったりを繰り返していたようで、
全然松本監督の作品を見れていませんでしたが、
こうやって発言の場を持ってくれて昔からのファンの自分としては素直に嬉しい。

私の中でザーメンとレズというのは合い通ずる点がいくつもある。
体液描写、女性メインの画、誰もが普通はやりたくない内容、
出演した女優さんで成功している方は皆やる気があって、
素晴らしいプロ意識のある方という点等、
究極のエロを追及すると私はレズ物とザーメン物に行き着きます。
今ではオンナ同士の美しいカラミに敵うものなどないと言い切れますが、
ザーメン物も今でも見るとやっぱ良いなあと思いますね。
男の全て、男が吐き出した欲望の塊、ある人から見れば汚物そのものを
受け入れる女性の淫靡さ、美しさ、器の大きさ、母性。
感じてくる女性のエロスの大きさは私にとって同じです。
ただレズではそれが出演が全て女優さんであるので何倍にもなる。
やっぱレズに勝てるものはないすねー。
これからも突き詰めますよ、レズAV!

[ 夏の夜長のレズAV鑑賞 ]

井坂監督のレズWキャスト3を見る。
素晴らしかった。
井坂節は満載ながらも、オープニングに百合萌え的なトークのみを
20~30分ぐらい入れていたのには驚いた。
良い意味で期待を裏切られる構成。
そんな意外な構成ながらも作品の最後で監督クレジットがあったことで
井坂監督が納得いった撮影だったことを確信する。

やはり井坂監督は別格。
シルヴィア監督も別格。
他にどんなに良い作品があったとしても、
それは監督の力ではなくキャストだったりメーカーの力に拠るところなのでしょう。
何故なら井坂監督、シルヴィア監督のレズ作品には熱い魂があるからだ。
それがあるかないかではレズを本当に好きな人に響く重さが桁違いなのだ。
この監督にしか撮れない画というものを完全に確立している。

やはり二大巨頭は凄い。
最近レズを見れば見るほど思い知らされる。二人の凄さが。
お二人の作品からは、作品の善し悪し以前にレズ愛がガンガン伝わってくるのだ。
他の作品からは感じない只ならぬオーラが。
私もそのレベルを目指したい。
高く厳しく厚い壁と山がそびえ立つ。
私などただレズが好きなだけで、AV監督としては
まだまだ掃いて捨てるほどのゴミのような存在。
ただ俺にも武器がある。
レズが好きという気持ちでは誰にも負けないレズへの熱い気持ちがある。
そして誰にもまだ実現できていない「本気のレズ」をいずれ撮りたい。
演出でもなく、AVとしての画でもなく、周りの環境全てをぶっ飛ばした、
オンナ同士が本気でぶつかり合い、愛し合うレズを!
キャストが頭の中で何かを考えるのが不可能なぐらい激しく、
撮っている俺がカットを掛けられないぐらいの鬼気迫る熱いレズを撮りたい!

とにかく何がなんでもレズを撮り続けてやる!

[ 再確認 ]

レズにゲラゲラは要らない
ゲラゲラは冷める
始まる前のゲラゲラでの女子百合萌えは大いに結構
だがキス・粘膜接触をした瞬間にギアチェンジしなければそれは駄作
再確認した
プレイ中のゲラは絶対に駄目
それは「本気のレズ」ではない
相手を愛し、相手を本気で気持ちよくさせようと思ったら
ゲラゲラ笑うなんていうことは絶対に有り得ないのだから

[ 勝負の時 ]

暫く勝負が続く
ミスは許されない
ただひたすらレズを想う
その想いに純粋に真っ直ぐに突き進むのみ
そこに答えと今後の道筋が見えてくると信じて!

[ レズという名の美しい… ]

私が今までで何としてでも撮りたかったけど叶わなかったキャスティング
泉麻那×COCONA×尾上ライナ
泉麻那×桜りお
木下若菜×眞木あずさ
長澤あずさ×真木今日子
勿論GARCON期、V&R期に考えた企画だ。
今やほとんどの女優さんが引退されていて実現不可能なキャスティング。
これらで撮れていれば私的にタイミングさえ合えば、
必ずや最高の作品にする自信があった!
しかし夢叶わずでした。

これからはコレだと思ったキャスティングで通せるメーカーで撮りたいのが本音。



あとそうそう
もし宜しければ皆さんの今までのレズべスト3作を教えて頂けないでしょうか?
そして今後見たいカップリングに関しても!
勿論非表示コメントで良いので。
ちなみに私は
舐め愛レズビアン 高円寺☆ゴロー監督 桐原あずさ 神崎レオナ 佐伯奈々 東野愛鈴


制服レズビアン 井坂朋泰監督 西野翔 南つかさ


黒GAL露出レズFuck! 滝口シルヴィア監督 泉麻那 武藤クレア

この3作が私にとって完全に神であり、見たいシチュエーションです!
皆さんの意見を出来る限り取り入れてより良い作品に仕上げて行きたいと思っております!
宜しくお願い致します。

[ 奇跡~必然 ]

最近、
深夜の1時を過ぎてからの時間経過が以上に早く感じるのと、
駅で進行方向表示を無視する馬鹿は何故か強気?なことに
謎を感じる白虎です。
(後者に関しては異常なんじゃないかと思いますw ホームでの割り込みに関してもw)

本日深夜、今までの自分監督作品の全てのサンプル動画を見直す。
全ての作品の思い出、女優さんの表情、スタッフさんの笑顔を思い出す。
感慨深い。
私は1作品たりとて手を抜いたりは絶対にしない。
全てが完璧に脳裏に焼き付いている。
全てのキャストさん、スタッフさんに感謝しています。

あと思ったのはAV監督って生き物は自分でカメラ回すべきってこと。
これは私自身が日々常々思っていること。
色んな状況とかあるとは思う。
勿論モニター前に座ってしか出来ない演出もある。
だけど、もはや立ってるフィールドが違うよね。
俺たちは映画監督でも何でもない。
AVにプロっぽい映像なんか要らない。
ユーザー様が求めるのはヌける映像。
そのヌける映像を求めて自分の妄想、性癖をぶつけてカメラを回すのがAV監督っしょ?
カメラも回さないでモニター前に座ってる人とはフィールドが違う。
同じ立ち位置で映像のクオリティーとか語らないで欲しいね。
作品の評価を決めるのはユーザー様なんで!
絶対に負けられねえ!!


そして思ったのは自分が本当に恵まれていたということ。
GARCONとV&Rというメーカーで監督人生を送れたこと。
私が教えを受けて来た方々はそういうAV撮影においての
監督のあるべき姿を身を持って私に教えてくださいました。
私の永遠の師匠である、
望月英吾監督、ヴィンセント・ギャル監督、天才フジタ監督、
安達かおる監督、
この方たちに全てを教わった。
撮影技術から、現場での立ち振る舞い、こだわり、男気まで何もかも全て。
本当にありがとうございます!

この道を歩んできて本当に良かった。
私の今の状態というのは本当に奇跡だと思っています。
何の取り柄もないグズグズな私がここまで監督として来れたのも。


今までの作品のサンプルを見ていて思ったこと。
それは、
今までに何度も言って来ましたが
デビュー作の「友田彩也香×桐原あずさ」を
超える作品が未だに作れていない。。。
自分でも分からない。
あの初々しさ、映像の綺麗さ、生々しさ、ラブラブ感……
何もかもあの作品に届かない。
映像技術、カメラワーク、台本構成力、
全てにおいてあの頃より上回っているのは確実なのに。
越えられない。

負けられない。
過去の自分に。
何としてでも勝つ!
そこからが私の第二章だ!!






まだ確定事項ではありませんが奇跡な出来事が起きました。
私はこの機会をどんな状況になってでも受け入れることを覚悟しています。
年内には、
「白虎が撮るレズが好き」という方には嬉しい報告が出来るかもしれません。
人生を、それに全て掛ける!
駄目なら潔く業界辞めます。
最高のレズメーカーで最強のレズAV監督になってやる!!!
誰にも負けん!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。