FC2ブログ

[ レズの神々たちとの宴 ]

レズの神々たちの宴に恐れ多くも参加させて頂いてきました@新宿歌舞伎町
全ての話が自分の血となり肉となりました。
ずっとこのレズというジャンルで先頭を走ってきた方々。
様々な思い入れ、レズの過去、レズの現在、レズの未来について語り合いました。
私の中で永遠に記憶に残る宴になりました。

撮り続けること
流されないこと
情熱を持ち続けること

の大切さを改めて教えて頂きました。
やはりそれらがある作品とない作品では完全に画が違う。

様々なしがらみはあれど、私も情熱を持ち、周りには流されず、
そして撮り続けていきたいと改めて心に誓いました。

頑張ります!

[ もどかしさが募る日々 ]

最後にレズ撮影をしてから2ヶ月以上が経過した。
最初は仕事を無我夢中でこなしていてあまり気が付かなかったが、
ここまで経ってふと気が付くと何だか目的を失ったみたいで、
物凄く辛く悲しくもどかしく、そして何よりも虚しい。
私は何のためにAVを作っているのだろう?
と、疑問に思ってしまいます。

最近、会社での立場が変わってきたのもあり、
より一層自分の好きなものを撮ることが困難になりました。
地位が下がったわけではなく、むしろ上がったのですが、
上がったことにより余計に売り上げを気にしなくてはいけなくなったのが一つ。
そして下に対して、自分が上だからといって権力を行使して
好きなものを好きに撮るということが、手本にならなくてはいけない立場上、
絶対に出来ないという2点。
完全にガンジガラメ。。
レズの制作に対する意欲は上がる一方だが、
現実では全く真逆の方向に進んでしまっているストレス。
元々身体的にも精神的にもすり減り続けるこの仕事。
好きなものを撮れるというご褒美がないと正直やってられない。
それじゃなきゃただのサラリーマンと変わんないしなぁ。
ちょっと考えなくてはいかんなと思う今日この頃です。
自分の立ち位置がここで良いのかしっかり見直さなくてはいけません。
やりたいこともやれないんじゃ、今の自分の存在意義を見失いかねない。

嬉しいことに、こんな私にも熱烈に応援して下さる方がいらっしゃいます。
どれだけ心の支えになることか。
だけど支えとなると同時にその方々に恩返しを全く出来ない自分がもどかしい。
もうあとは撮る環境だけなのに。
撮れるだけの熱意と技術はもう充分に備えているつもり。
ああ、とにかくもどかしい。


>>ベロ吉さん、夜遅くまで更新お疲れ様です。
レビューいつもありがとうございます!!本当にいつも励まされています!
今の私では頑張りようがないのですが、何とか復活のきっかけを掴めればと思います。
いつもレズ界の盛り上げに貢献してくださり本当に感謝です。
私も負けずに頑張りたいと思います!

>>先日コメントをくださった方、私の現状はこんなにもボロボロですが、
いつか、今年中なのか、何年後かなのかも分かりませんが、
いつか必ず「生の本気のレズ」を撮ります!
それを撮るまでは何としてでもこの業界に這ってでもしがみ付いて
その機を窺い続けるので、気長に見守って頂ければと思います。




しかし、どう頑張れば良いのだろうか。
こんなにも好きなのに撮ることが出来ないなんて辛いにもほどがあります。
正直仕事とはいえ男女物はもうまっぴらです(笑)