FC2ブログ

[ こだわるということ ]

今日は私の映像制作に関するこだわりについて書きたいと思います。
この業界で映像制作をしていれば誰だってこだわりというのはあると思います。
そんな中で私が、絶対に譲れないこだわる部分があります。
それは自分の撮る作品に関しては全てにおいて自分で準備をするということです。
何もかも全てです。全てを自分でコントロールし、把握し、撮影に臨みます。
今までこの業界でたくさんの監督を見てきましたが、
これをやっている監督は一人もいませんでした。
キャスティングは勿論、スタジオやスタッフの人選、小道具の一つ一つまで、
全てを自分が準備し、当日を迎える。
何だそんなことか、と思うかもしれませんが、私にとっては一番大事なことです。
小道具一つをとってみても、
例えばシーン3で出てくるマグカップをADに用意させたとする。
ただマグカップとしか伝えなければ、形状も色も何もこだわりがない。
女の子が飲むシーンで使う物と伝えたにせよ、
監督が思い描く理想のマグカップを用意出来る確率なんて極めて低い。
だったらそんなくだらない何々を買ってこいっていう指示をしている間に
テメエで買いに行った方が断然有意義な訳です。
それにそんな小道具の一つ一つだって自分で足を使って集めれば、
それら一つ一つ全てに魂がこもる。
あとで作品を見直した時にこのマグカップはあの店で買ったなぁっていう
思い出までついてくる。
全てを準備して撮影も仕切って自分でカメラを回す。
確かに大変な仕事ではありますが、こんなことが出来るのはAVだけだと思うんです!
映像って言ったってピンキリで、映画とかになってきたら一人で全部やるなんて
物理的に無理な話しなわけで。
そんな私のこだわりですが、やはり撮影を終えた時の達成感は半端ないものがあります。
努力は必ずキャストやスタッフに伝わるもので、
私の現場ではいつも皆最後は達成感に包まれて笑顔で帰っていってくれます。
ありがたいことですし、だからこそ大変でもやりがいがあります。
ただ台本だけ書いて、ADに準備させて、技術にカメラ回させて、
あとは編集するだけっていうのとは雲泥の差がある。
逆にそこまでやれない人間を俺は絶対に認めない。
売れていようが何だろうが、インスタントのコピー商品の様な
こだわりの無い作品は絶対に認めない。
努力やこだわりは必ず作品を通してユーザーに伝わるものだと私は信じています。
負けたくないな、撮る者の努力が見えない怠けものや巨大資本の作品になんか。
ただただ自分は自分のこだわりを信じて突き進むのみです。


最近は自分の今まで撮った作品をよく見直しています。
今まででリリースされたものは全部で7本。
どれも思い出がたくさん詰まった大切な作品達です。
今でも見ると小さな小道具を買いに行った記憶や、
撮る女優さんの監督面接、ラストシーンが始まる前の緊張感等が
鮮明に蘇ってきます!
私にとっては一つ一つの作品が本当に大切でかけがえのない作品達なんです!
順位は付けられないけど、今までで一番思い入れが強いのは
美人姉妹の禁忌(いけない)レズ愛 純粋な妹が強く優しい姉に向ける真っ直ぐな純愛
私の監督人生で初めてのガッツリドラマ物。
ストーリーも練りに練って完璧に仕上げたし、
キャスティングやスタジオ、スタッフも全て自分の理想で撮ることが出来ました。
勿論準備も一番大変で、小道具一つ一つを買いに行った記憶が鮮明に残ってます。
初めてのドラマ物ということで前日緊張して一睡も出来ずに
昼過ぎには手足が力入らなくてふらふらだったし、
撮りたい画も決めてきたのに実際現場ではカメラワークもドタバタでしたし、
ドラマシーンで疲れきり過ぎて、最後の絡みのシーンでは俺自身が満身創痍だったし、
兎にも角にも大変で辛い現場だったけど、最終的には自分が最高に満足出来る
これ以上ない作品に出来たと思っています。
大変だったからこそ今でも作品見るとシーンの一つ一つ全ての会話やNGシーンのこと等
全てを思い出せますし、何度でもあの時味わった達成感を思い出せます。
今、また同じものを撮ったら技術的にはあの時より上手いものが撮れる自信はあるけど、
あの時のような熱い作品はもう撮れないと思います。
キャリアが長くなればなるほど作品への思い入れは薄れていくものなんだろうけど
俺はそうはなりたくない!こうやって作品を見直すだけで
その時の熱い気持ちを思い出せるような作品を今後も作っていけたらなと思います!

[ バッタバタです ]

いや~最近忙しくバタバタしていてブログを更新する余裕が全く無い。。。
遅くなりましたが、先日5日のV&R初監督撮影は、反省するところが多くも
何とか無事終えました。
撮影後記を書いている余裕がなくて申し訳なかったのですが、
ご出演は、
結城みささん橘ひなたさんこのはさんでした!
メンバー的にはこの上ない最高のメンツ。
これで自分の思い描く家族の純愛を描いたレズドラマを撮れていたら
どれだけ幸せだったでしょうか。
ですが、前記事でも書いた通り企画内容とプレイ内容は
自分の意見が全く通せなかったので、自分的に満足いく物は撮れていません。
正直辛かったですペニバンとか、異物挿入とかを撮るのは。。
このはさんがブログに撮影の日記を書いて下さっているので、
内容はそこからある程度読み取れると思います。
まあ完全に白虎作品とは程遠い内容です。
自分的にも調子狂う部分が多々あり、
いつものようには演出とカメラを上手く出来ませんでした。
こんな内容でもこのはさんは撮影が楽しかったと言ってくれていたのが
私にとっては凄く救いでしたね。しかし辛かったな~。
見て楽しんで下さる方が少しでもいらっしゃれば良いのですが。

そして辛いのは気持ちだけではありません!!
編集〆切がもうスグそこまで来ているのに、まだ編集が全然出来ていません。
他監督の撮影や準備、新しく入った後輩の指導や、もう一本編集してる総集編の
編集終わってからの諸雑務等など、毎日朝から終電まで働いているのに
一秒も編集出来てません(苦笑)
しかも最近、個人的に引っ越しが決まりましてそっちの準備もあったりで。
何もかもが全く進んでいません。あーもーだめだー(笑)
ていうかもう朝の4時回ってるし。。寝よっ。。。

最近のレズの期待作はコレ
ガチギメ!!メス同士 黒GALレズ淫交ドキュメント!! 瑠菜×星崎キララ
シルヴィア監督のレズは最高に激しくエグく美しいのでいつも必ずチェックしてます!
見るの楽しみですね!

[ あいたたたたたぁ~↓↓↓ ]

台本出来上がってからのプロデューサーとの内容の詰め。
結局パケでの派手さ、AV的な画を優先させるという方向になり
道具まみれの作品になりそうです↓↓↓
ペニバン、異物挿入、玩具等など
画的にだそうです。。。

まあしょうがないんですよね、向こうだって商品を売りたくて
考えた末の案なわけですから。
レズでの良い悪いなんて会社からしたら関係ないのです。
要は売れるか売れないか。派手か派手じゃないか。
どう思うかなんてことに正義も悪もないんですよね~。

ただ私の今の会社での地位が低いのと、実績がないのが悪いだけ。
今までの白虎作品が好きな人、道具完全反対の方にはお勧め出来ませんです、はい。。。
私もそうなんですけどね~、トホホ。。。

撮る前からこんなにモチベーション下がってて良いモン撮れんのか?俺。
早く自分の意見を通せる地位に行かないと。
こんなんじゃ撮ってても辛いだけだ。


あーーー、辛いけど頑張ってペニバンが出てくる台本書こう(泣)