FC2ブログ

[ 更新出来てないわ〜 ]

タイトル通り全然書いてる暇がないです〜。
仕事的には今は落ち着いてる時期なんですが、
何となく心の余裕がないですね〜。
寒くて活動的じゃないというのも多くを占めますが。。

とか何とかですが、
私の今月期の撮影はレズバトルを撮ります!!
バッシバシに戦ってくれるであろう2人をキャスティング!
あとは私のディレクション次第で作品の質が決まる!!
頑張りますよ〜!!!
ちなみにレズバトルだろうが何であろうが私のレズ作品には
一切道具は登場させません!ぺニバン嫌いーー!!!!!絶対無理!
女同士が意地とプライドを賭けて、体と体でぶつかる様を撮りたいです!
ワザとらしいさせてあげてさせてあげてのものには絶対しません。
カメラも気にしないで戦ってもらいますので、
良い画はもしかしたら撮れないかもしれません。
でも女同士の気合いの入った戦いはしっかり押さえたいと思います!
ベロちゅうとクンニと手マンでひたすらイカセ合い濡らし合いです!
レズバトルに関してはまだまだ素人ですが、
私の持つレズバトル感を表現出来れば何よりです!


さてさて何度も何度もすみませんが、
2月は私の今まででの一番満足出来た作品であるレズドラマ
GAR-280-jkt.jpg
美人姉妹の禁忌(いけない)レズ愛 純粋な妹が強く優しい姉に向ける真っ直ぐな純愛
がリリースされます!
この作品が私の今年というより今後のやっていけるかどうかを
占うといっても過言ではないと思っています!
というかこれで評価を得られず売れもせずというなら
私にはそもそもレズビデオを撮る資格もなければ
才能もないということなんだと思います。
というふうに思うぐらい自信を持ってお届けします!
レズが好きで、ドラマ物が好きな方には是非見て頂きたい!!
レズのマニアの方には作中にオナニーパートが入ってると、
詐欺だ!と言われる方もおられるようですが、
この作品には姉妹がお互いを思うあまり、お互いがお互いを思って
オナニーをするシーンが1シーンづつあります。
これは作品のドラマ上絶対に必要不可欠だから入れたものです。
ですので、オナニーが入ってるからという事実だけで
気分を害される方にはこの作品はお勧めしません。
この作品の肝は全て最後のパートである神聖なる姉妹愛の
レズセックスにあります。50分一本勝負の超熱いセックスです!
この作品を多くのレズファンに見て頂きたい!ただそれだけであります。

[ 東京オートサロン2012 ]

行って来ました!!TAS2012!!!
Still0116_00001.jpg
いやぁ、今年も撮りまくってまいりました!勿論綺麗なお姉さんを(笑)
去年に続いて2回目のTASだったので、
前回よりは会場を上手に回れたと思います。
今年の撮り尺は去年を30分上回る2時間30分!!
11時に着いて閉館直前の5時ぐらいまでひたすら撮りまくり。
もう手が腱鞘炎になりそうだわ、足腰がガクガクしてくるわで
マジ疲れましたが、やはり綺麗な女性を撮るのは楽しいですね。
去年より自分的にもカメラの腕が良くなったと思うので、
それなりに良い画が撮れたと思われます。
あと今年は去年の反省を生かしてカッコイイ車もたくさん撮って来ました!
Still0116_00000.jpg Still0116_00003.jpg Still0116_00002.jpg
車の画とかもたくさんあった方が編集する時に楽しいんですよね。
去年の素材を編集するのは凄く自分にとってEDIUSの練習になったんで、
今年は応用編で如何に凝ったものを作れるか空いた時間を使ってチマチマ編集していきたいなーと思います。つーか、TASを趣味で編集してる俺って(笑)


そういえば最近久々に脳天突き破るような勢いのあるバンドに出会った!



その名も、
Five Finger Death Punch
つーか名前からしてパンチ効き過ぎ!!!
これまた機材返却の車中、神ラジオ局であるインターFMで出会ったバンド!
パンテラの再来!!第二のスリップノット!!!と言われているそうな。
確かにストリート感とストロング感はパンテラを想起させ、
爆重な低音、破壊的破滅的な音像はスリップノットを思い起こさせる。
俺は更に北欧のソイルワークのメロディーラインをも受け継いでいるように感じた。しかしこのバンドの最も特筆する点はこの明るさ、陽気さ、
音は全てを破壊するかのような残虐非道なまでの爆重低音なのに、
このPVからも伝わるアメリカンな陽気な明るさに満ちた音像なのだ!
こんな激しい音楽をやっててここまで陽気なバンドは生まれて初めて見た!
アメリカ命な俺から見たら物凄く魅力的なバンドです!
最初タワレコで最新作買ったあと速攻惚れてアマゾンで全アルバムポチッた!
今宵は彼らの音楽を猛烈リピートしながら台本書きをするとしよう!

あと一つ思った。
自分は好きな物は昔から何一つ変わってないんだと。
このバンドの音楽を聞いても分かる通りイントロとヴァースは
破壊的なまでの激しい音楽で、サビでは全てを引き込むかのような
美しく綺麗なメロディーラインというこれでもかというようなギャップと2面性!こういう極端なまでな2面性は物凄く興奮するし、とても美しい。
音楽は昔からこういうものばかりをずっと聞いてきた。
その嗜好は未だ変わらずといったところだ。
そしてよくよく考えると今俺が必死こいて撮ってるレズにもこの2面性は当てはまる。
美しい女性2人が激しく淫らにまぐわり合う様は俺の今まで追い求めてきたものと全く一緒だった。
人間好きな物なんてそうそう変わるものではないようです。
やっぱ良いね、ヘヴィーメタルとレズは。

[ 去年の総括とか今年の抱負とか ]

書こうと思ってたんですが、何だか自分的にずっと仕事続きで
年度が変わった気が全くしないので2011年13月のつもりで行こうと思います(笑)ま、冗談ですけどね。
とりあえず年明け一発目の撮影からてんやわんやで忙しかったー。
5日が仕事初めで6日が撮影。忘れもしない去年の5月の連続撮影の時体験した
48時間連続NO睡眠の記録を今回見事に更新!!
5日の朝8時に起きて、7日の正午まで起きてたんでざっと52時間連続NO睡眠!
しかもその後も3時間だけ寝て15時から終電までバラシやら何やら。
最後の方はもう朦朧としてて何してたかほとんど覚えてません。
あと自分のミスで先輩に迷惑掛けてしまって更に精神的に凹みました。
新年一発目から幸先の悪いスタート。。


昨日今日は家で文字資料作成や広報的作業、台本作り等をしていて、
兎角何だか年末からずっと1日が繋がっている感じ。
明後日も撮影ですので、明日も泊まりで準備してとまあ何かと忙しい感じです。

でもその後はようやく待ちに待った去年の夏休みの後半をもらう予定。
1週間休んで次回作の台本をみっちり仕上げてこようと思います(結局仕事かよっ 笑)
そして何より楽しみなのがコレ↓↓↓
東京オートサロン2012
去年初めて行ったんですがメチャクチャ楽しかったんです!
カッコイイ車を、ではなく綺麗なお姉さんを撮りに行ってきます(笑)
つーか、こんな俺にだってこれぐらいの楽しみがあったっていいでしょ?
奇跡的にもTASの時に夏休みを取れたというのが嬉しい!
1年一度の楽しみなのでじっくり楽しんでこようと思います!


そしてようやく編集が完了したレズエステ!
我ながら素晴らしい出来だと思います!
自分でプレビューして見直す度にあまりのエロさに笑ってしまうぐらい。
やっぱ水沢さんと後藤さんのコンビの責めは半端ないですわ!
エロシーンは初めから終わりまで徹頭徹尾舐めとベロちゅうに費やしてます!
舐めとキスが好き且つ変態的なレズを所望する方には是非とも見て頂きたい作品です!自分としてもプレイ的に大満足な作品です!!
レズエステは3月発売です。宜しくお願いします!!

そして2月発売!発売までいよいよ1ヶ月を切りました。
GAR-280jkt.jpg
「お姉ちゃんだぁ〜い好き!!」
美人姉妹の禁忌(いけない)レズ愛
〜純粋な妹が強く優しい姉に向ける真っ直ぐな純愛
出演:友田彩也香 みづなれい
収録時間:180分 片面二層

もう1ヶ月前だから情報載せますよ!!
検証盤貰ってから自分で何回も何回も見直してます。
まだまだだなと反省する点がありつつも、
自分的に大満足な作品です。何度見ても妹の切ない姉への気持ちに感動出来る。
今作も我ながら素晴らしい出来だと自信をもって世に送り出せます!
白虎作品の肝であるベロちゅうはこの作品の2人で完成形に至りました。

Ayaka&Rei_Kiss

ラストのラブラブレズ時の2人のファーストコンタクトのキス。
服を脱がし合いながらも決して離れることのないキス。
吸いついて離れない、お互いが「キスして」と言い合う。
このレズ絡みの最初の10分ぐらいは俺の最高に理想の展開です。
勿論後半も素晴らしいんだけど、この最初の2人の熱のこもりまくった
貪り合いながらも綺麗で求め合うレズ!これはまさしく理想でしたね。
でも自分もあまりにも興奮してしまったのか、カメラワークが激しいです(笑)
2人の貪る動きに合わせて自分も貪るように接写でキスを追ってます。
勿論これは自分の十八番ですし、自分にしかない個性的なカメラワークだと思いますが、このシーンあまりにも凄過ぎて自分まで貪ってしまいました。。反省です。
兎にも角にも絶対に見てほしいこの作品!宜しくお願いします!!!
永遠の愛を誓い合う
本当はエンディングにTo be continuedって入れたかったんすよね。
実はその後の展開とかも考えてたり。それは自分で本にでも書いて思い出にしようかな(笑)←我ながら気持ち悪いですね〜。


最近はよくドラマ物のレズ作品を鑑賞してるのですが、
どうも腑に落ちない点がいつもあります。
折角のドラマ物なのに理由付けがなくいきなりレズり始めるとこが。
会っていきなり
「あら貴方、素敵ね」
「え、ちょっ、ちょ」
キス
クンニ
貝合わせ
みたいな(苦笑)そりゃAVだからと言われればそれまでだけど、
ドラマ物の意味なくね??
だったらドキュメントで普通に女優さんの素を出して撮った方が良いと思うのは俺だけですかね?
初めからレズ恋人同士だっていう設定ならまだしも、
初めて会った人といきなりスグにレズとか普通におかしいっしょ?
俺はその時点でその作品を見る気がなくなってしまう。
俺だって元々はAVのドラマ物なんて大嫌いだし、作るのだって苦手だけど、
幾らなんでもって作品が多過ぎる気がします。
特にレズのドラマ物は2人が愛し合う理由付けが必ず必要だと思うんです。
そういう意味でも井坂監督のドラマ作品だけはいつも期待に応えてくれる素晴らしい内容!レズファン皆が認める井坂監督のレズ作品。
自分も少しでも近付けるよう頑張りたいです!